暮らしのマイトパルタ

ばっちこーい!

SUPER FRIDAY

f:id:humptytimes:20161213202923j:plain

先週の金曜日、ミスタードーナツに行列が出来ていて、
100円セールかなと思い、覗いてみたが、どこにもそんな張り紙はない。


100円セールにしても異常なほどの行列で、店員さんが「最後尾」の紙を持って立っている。
並んでいる客に聞けばよかったのだけど、そこは都会民、ツイッターに聞いてみると、
Softbankがユーザーに、1人2個ずつ無料でドーナツを配っているとのこと。


なんてこった!!
タダって、強いな!!

行列を眺めながら、日本中のミスドの店長に思いを馳せる。
全国の店長は、昨日までてんやわんやだったろうな。


まず、ドーナツの数が予測できない。
初めての試みで、客が1.5倍になるのか2倍になるのか、予測がつかない。
事前に同じ企画で行われたサーティーワンの「アイス一個無料キャンペーン」から
事前に数を推測しただろうか。
その推測は当たっただろうか。


しかも反響が大きい企画だけに、「本日のドーナツ、終了しました」も通じない。
ドーナツは生モノじゃないから、ストックが切れるということはないのだろうか。
でも何故か、エビグラタンパイだけ異様に売れてしまうとかの事態になったら、
グラタンだけ足りないってこともあり得たかもしれない。
とにかく商品を切らさないことに気を使うだろう。


それに、人の確保にも、気を使う。
ただでさえバイトが遊びに出たがる金曜日に、フル出勤体制で望まなければいけない。
しぶるバイトの子たちに、全国のミスドの店長は、何回、頭を下げただろう。

全国の店は、押し寄せる客をちゃんとさばいて、店はちゃんと回っただろうか。
少なくとも、高円寺駅前店は、全然まわっていなかったけど・・・。


そして、その日だけ飛びぬけて増えた売上は、数値上、どう扱われるのだろう。
そのまま素直に売上として計上して、今月の予算達成に貢献するのだろうか。
そうだとしたら、一年後の昨対(昨年対比)はどう考慮されるのだろう。

来年の同じ月に、Softbankが同じ企画をしてくれるはずはない。
来年の売上のマイナス分を上層部はちゃんと理解してくれるだろうか。
「去年は去年」と言われ、Softbankの企画上乗せ分の予算が組まれて、
店長にしわ寄せがいかないだろうか。

そう、店長に思いを馳せると、ドーナツなんか全然もらう気にならない。
はやく今日が終わるといいね、とつぶやいて、店を通り過ぎる。


道すがら、スマホをスクロールすると、
「来週は、ハニーチュロにしよ」との誰かのつぶやき。
来週・・・?
どうやら、これ、12月いっぱい続く企画らしい。


ってことは、天皇誕生日も、12/30もやるの・・・?
同情する。
頑張れ、ミスドの人たち。
頑張れ、全国のミスドの店長。

広告を非表示にする